ホーム >> 中国ゴルフ
ゴルフ NEWS
練習方法について

コンペがうまくいかなくなくて困っているかた、ゴルフを始めたばかりの方はこのわかりやすくて簡潔なアドバイスを取り入れていただければ、あっという間に上達して、ハンディを減らし、コンペを楽しめるようになります。 

 

「構えについて-ゴルフ初心者上達方法 」
しっかりした構えは、しっかりしたスイングを生み出します。そして、しっかりとしたショットを打つことができます。
両足を、飛球線に対して完全に平行になるように構えてください。
電車の線路の上に立って両足がひとつのレールの上にある場合、ボールはひとつとなりのレールの上にある、といった感じです。つま先をわずかに外側に開き、両足が肩のちょうど下にくるようにして、楽な姿勢をとってみてください。
ショットを打つ時、ほとんどの場合は、ゴルフクラブのヒールの約5~7.5センチ内側にボールを当てるようにします。体から離れたところでボールを打ってしまうと、右に曲がって飛んでいってしまいます(スライス)。
どちらかの足をわずかに前に動かすと、右に少し曲げたり、左に少し曲げたりできます。どれくらい足を動かすとどれくらいショットの方向が変わるのか、自分で試してみてください。


=アドバイス =
・クラブをボールに合わせてみて、いつもボールの位置をチェックしましょう。
・構えを定めるときはきちんと時間をとり、リラックスしましょう。
・自分の構えを確立しましょう。

 

「グリップについて-ゴルフ初心者上達方法 」
良いグリップは、ゴルフスイングの土台で、よりコントロールできるようになるし、スライスをしにくくなります。
良いグリップだと、打った瞬間にクラブのヘッドがしっかり固定されたままになり、手の中でシャフトが回ってしまうのを防げます。
プロゴルファーに最もよく使われているグリップは、ヴァードングリップです。
クラブの下部に来る方の手の小指を(右利きのプレーヤーは右手の小指。利き手は添え手と呼ばれている)、クラブの上部に来る方の手(リードハンドと呼ばれている)の人差し指と中指の中間に持ってきます。
リードハンドの親指は、添え手の生命線にぴったり合うようにします(V形)。リラックスして、力を抜くように心がけましょう。
グリップをきつく握り締めていると、スウィングがうまくいきません。両手の人差し指と親指が形作るV形は、あごと右肩の間を向くようにします。
クラブのシャフトを持つ手が左回りにずれてしまうと、グリップが弱くなり、ボールが左から右へ飛んでいってしまいます(スライス)。
また手が右回りにずれてしまうと、グリップが強くなりすぎ、ボールが右から左へ飛んでいってしまいます(フック)。


=アドバイス =
・クラブをきつく握り過ぎないこと。
・クラブのゴム製グリップを良い状態に保ちましょう。グリップが擦り切れると、クラブをきつく握りすぎることになり、問題が出てきます。
・頻繁にクラブを握る練習を繰り返して、グリップの感覚を身に付けましょう。

 

「体の向きについて-ゴルフ初心者上達方法」 
練習している時、クラブを照準に合わせてまっすぐに使用しているかどうか確かめてください。
目標の飛行ラインと平行になるようにクラブを一本地面に置き、もう一本をあなたの立ち位置がわかるように両足のつま先とつま先を結ぶラインに置いてください。
ボールの位置にクラブをもう一本目標飛行ラインと直角になるように置き、そのクラブをボールの位置からあなたの足の位置まで動かしていきます。さあチェックしてみてください。
動かしたクラブがあなたの体と直角に交わり、足元に置かれたクラブが目標飛行ラインと平行になっていれば、体が正しい方向を向いているということになります。


=アドバイス =
・ 何度も何度もチェックしてください。悪いところをなくしておくことは大事なことです。
・ いつもクラブを手に持っている必要はありません。練習の合間にも、目標ラインと平行になるようにクラブを地面に置いてみてください。

 

「スイングについて-ゴルフ初心者上達方法」
まっすぐなショットを打つためには、内側がスクエアになること、言い換えれば、スイングの軌道が、体の線に対してスクエアになるようにボールを打つことが必要です。
内側から外側振るとフックになり、外側から内側へと振るとスライスになります。ボールからターゲットまで伸びていくラインを思い浮かべてください。
わずかに外側に動きながら、内側でボールをとらえるようなスイングの軌道が目標です。
また、クラブの面でボールの飛ぶ方向をコントロールできます。
ストレートはボールに対して90度の角度で
オープン(90度以上)の場合はスライスまたはフェード(右に少し曲がる)
クローズド(90度以下)の場合はフック


=アドバイス =
・時間をとって、ゴルファーの練習を見学しましょう。
・ゴルファーの後ろに立っていると、スイングの軌道やクラブ面の使い方のバリエーションが分かるし、それがショットにどんな影響を与えるかも分かります。
・スイング軌道のバリエーションや、ショットを打った際にそぎ取られる芝生がどの方向に飛ぶかなどに、注意してみてください。

 

「ショットを打つ前にやるべきこと-ゴルフ初心者上達方法」 
これから述べるアドバイスは、最初はとても時間がかかるように思えるかもしれませんが、すぐに当たり前のことになるでしょう。
どんなショットを打とうかと考えるとき、ボールを後ろから見ます。約60~90センチ離れている的を選ぶ(例えば落ち葉とか芝生のかけらとか)ほうが、 200ヤード離れたものを的にするよりも簡単だし、正確になります。
次にショットを打とうと思っている場所より一歩後ろに下がって、ショットに集中して、一度か二度なめらかに慣らしのスイングをします。
上記のアドバイスをいつもチェックするようにし、いろいろな場合に備えて考えやテクニックを応用できる状態にします。
そしてそれからようやく最終的な姿勢をとり、ショットを打ちます。自分なりのやり方を作り出すことは大事なことです。
それはどのショットにも生きてくるし、やり方を脳や筋肉が記憶してくれるようになります。


=アドバイス =
気が散らない場所で、自分なりの練習をしましょう。コースで他の人たちと一緒にプレーしている時は、上達するのは難しいものです。 

 

「欠点の修復について-ゴルフ初心者上達方法」 
=アドバイス =
・まず問題点を認識すること(スライス、フック、飛距離が足りないことなど)
・他のゴルファーにあなたのショットを2,3回見てもらったり、自分のショットをビデオで見たりして、その問題点を確かめること。
・その問題点を無視しないこと。悪い習慣はなかなか直せないものです。
・問題点の原因を見つけること。まず、グリップ、立つ姿勢、バランスなどの基本事項からはじめましょう。一回にどこか一つは改善しながら、ショットを打ってみましょう。
・打つコースを考えましょう。
・何度も何度も練習しましょう。反復練習によって自信が得られます。
・ショットを安定させるために、時間を十分にかけましょう。
・アドバイスはどんどん受け入れましょう。
・ゴルフがうまい人のプレーをよく観察しましょう。体の位置、立った姿勢、クラブをどれぐらい 高く振り上げるか、またクラブを振るときにどんな動きをするかなどを、チェックしましょう。そして自分のプレーに応用しましょう。