ホーム >> 中国観光地ガイド >> 安徽省
条件を指定して探す
出発地:
目的地:
日数:
キーワード:
世界遺産-黄山 (世界自然遺産登録 1990年)
 黄山は中国の安徴省に位置し、72峰から成る山脈で、独特の地形と古来山水画の題材として中国美術を育んできました。そのうち天都峰蓮花峰光明頂は黄山の三大主峰で、全て標高1800m以上です。『天下一の奇』とも言われています。
 黄山は、自然景観を特色とする山岳観光地であり、奇松奇石雲海温泉黄山の「四つの絶景」と称えられています。四つの絶景のうちでも最大の景観は、「雲海」で、天上に出現した雲の大海に点々と小島のように岩山が浮かびます。さらに、谷間をゆっくりと雲が流れるミステリアスな光景は、多くの山水画のモチーフになりました。黄山は、自ら山に登ってこそ、最も美しい景色を楽しめることができると言われています。
  山麓には温泉もあり、宿泊施設ができました。