ホーム >> 中国観光地ガイド >> 重慶市
重慶について

 【 地理 】
   四川盆地東南、長江と嘉陵江の合流点に位置。周囲を山に囲まれた盆地のため、交通の便は悪く、水運が発達しました。
   また、湿度が高く、風も少なかったため、冬は霧に包まれ、「霧の都」とも呼ばれます。
 【 歴史 】
   古くは「巴(ともえ)」と称され、現在の成都「蜀(しょく)」と合わせて「巴蜀」と呼ばれる。
   三国志など古い文献にも名があり、都市としての歴史は3000年以上、20世紀半ばには中国の政府も置かれ、1997年には中国4番目の直
   轄市
に指定されました。
 【 産業 】
   重慶市は中国西南地区最大の商工業都市であり、長江上流の経済の中心地です。
   自動車産業が主で、フォードやスズキ、ホンダと言った外資系企業の合弁社が多くあります。
   近年では経済都市としての発展もめざましく、IT関連、商社、ファッションブランド店などの進出も相次いでいます。
 【 5つの重慶政策 】 
   政府より促進されている「5つの重慶」運動
   ①健康で②平和で③にあふれ④交通が便利な⑤住み良い街を目指し、モノレールや地下鉄の整備、道路の緑化運動など
   が各地でおこなわれています。
   物流のハブ都市になるべく、政府により製造・貿易などの面で一定の自由と優遇が認められている「両江新区」の建設には
   国内外からの注目も集まっています。
   また、公害(空気汚染)対策として、重慶モノレール第一期工事では43億元の総投資額のうちODAによる円借款(10年据え置き、
   40年償還、年利0.7%)271億円(約20億元)、23億元の支援を実施。
   大学の廃棄物処理研修や老齢化していた天然ガス、火力発電所などに最新排煙脱硫装置も設置し、大気汚染の減少に力を注いでいます。
   内陸・西部地区の中心的役割を担う重慶市に対し、中国沿海地区より、学校設備の整備や乳児死亡率減少のための医療設備支援など
   も行われ、交流を深めています。
 【 重慶の交通情報 】      【 重慶のモノレール路線図 】
 【 重慶の気候 】
 【 重慶グルメ 】    【 重慶娯楽案内 】    【 重慶ショッピング 】        
← クリックして詳細ページへ
 【 重慶観光スポット 】

   山と河に囲まれた自然風景と偉人にまつわる遺跡など人文的景観が多くあり、大足石刻武隆カルスト地形など世界遺産へも近く、
   日帰りで観光することができます。
   中国を代表する観光ルートの「長江三峡下り」の乗船港街でもあり、重慶を訪れる外国人は年々増えています。
 【 日本との友好都市 】(友好提携時期)
   重慶市⇔ 広島市(1986.10.23)
   重慶市⇔ 水戸市(2000.06.06)
   重慶市江津区⇔ 都城市(1999.11)

   在重慶日本国総領事館もあり、中国西南地区を管轄しています。