ホーム >> 中国観光地ガイド >> 重慶市
重慶両江新区

住む街・森の街・健康の街を目指して、重慶

長江と嘉陵江と重慶市街地

 重慶では、市長の指揮のもと、重慶市全体が一丸となって、老若男女・ハンディのある人・自動車・自転車・歩行者及び、
バスやタクシーなどの交通機関を含め
全ての人々が公正かつ平等に利用できる地区を目指し都市環境を模索しています。
 その一環として、
嘉陵江と長江沿いに住宅街、河川公園、河川リゾート施設を建設したり、ハイテク産業の発展に力を入れたりしています。  

 中国西部で
初の国政実施地区であり、今後中国西部での主要な経済・物流・ハイテク技術の中心地となり得る地区を目指し街づくりをしています。

  【重慶経済概況】 ← クリックして詳細ページへ移動

 【両江新区に駐在する外資系企業】 ← クリックして詳細ページへ移動

  【重慶両江新区】

 上海浦東地区・天津浜海新区などの経験をもとに、重慶ならではの長江と嘉陵江の両河川の利点を生かした管理体制を模索。
  中国では唯一の
港と空港が一体となった保税港区であり、都市部と周辺地区の総合的な改革を推進する。
  また、中国内陸地の重要な製造業及び
サービス業の基地、長江上流地域の金融開拓の中心、科学発展の模範として重要な窓口とされる。

  【保税地区としての役割
  物流・貿易・国際買い入れ・販売と配送の中継地点・検査とアフターケアサービス・商品の展示・研究開発・製造・港としての役割を持つ。

 【納税と外貨管理の保税政策】

国外貨物入港区の保税
 ※ 税関により、規定内での保税もしくは関税と輸入環節税の免除

貨物出港区に国内で販売する貨物
 ※ 輸入品の規定にて税関手続き及び貨物の実際の状況によって関税と輸入環節税を徴収

国内貨物も輸出品と見なし、税金を返還

港区内の企業間での取引では増値税と消費税を徴収しない
 ※ 保税区港内の企業が生産した供給区域内で販売するもしくは海外へ搬出する商品には増値税と消費税を課税しない

保税区と出口(輸出)加工区の徴税と外貨対策を増加

監管 
保税港区内の貨物の自由な流通を許可
保税港区内と海外間で輸出入する貨物は輸出入許可書不要
●信頼性の高い企業が申請する危険物貨物は内陸貨物と見なし、直接船に搬入し、箱をあけての検査はしない 。
●海外から保税港区に搬入された貨物は検疫のみで検験はしない
●保税港区内に乗り入れた国際船舶には、電話で検疫もしくは埠頭検疫のみを行い、現地での開封開封検査は行わない


 【納税と外貨管理の保税政策】

 

地区

主な産業

ポイント

重慶市
中心地区

江北城

金融、貿易
文化

科技博物館や重慶劇場があり、文化とビジネスの中心になるべく模索中

悦来展示博覧会城

展示・博覧会

西部国際展覧センターと重慶北部展覧センターを建設

唐家沱-寸灘地区

国際配送
国際買い入れ
国際積換え貿易
輸出加工

税関・出入境検験検疫従業者・監督管理の施行を合理化し、より有効な監置を実施

魚嘴ー復盛地区

物流

水運と鉄道運輸の連結基地

渝北区北部新区

自動車製造
情報産業
生物産業
現代都市

内陸開放型の経済デモストレーション地区
(土地・財税・金融・投資・対外経済と対外貿易・ハイテク開発・管理体制のデモストレーション)
ハイテク産業の研究開発と産出、近代化サービス業の集結区域

龍渓地区

ビジネス・サービス

渝中区・江北区など商業圏近く

空港新城
玉峰山・回興
双龍湖・双鳳橋

臨空物流
電子情報
臨空加工製造
ビジネス貿易
航空サービス

高速道路、地下鉄も整備され、貨物運送がより便利に

木耳ー古路地区

現代食品工業
サービス産業
家具・玩具

 

龍興ー石船地区

電力設備
軍事
鉄道装備製造
新型エネルギー自動車

 

北碚区

蔡家地区
水土ー復興地区

マイクロ電子
生物医薬産業
高品質エコ型商業住宅区

 

重慶両江新区 区分地図 ← クリックして拡大

【駐在外資企業】