ホーム >> 中国観光地ガイド >> 重慶市
人民大礼堂
入場料:10元

人民大礼堂は重慶を象徴する建物であり、1954年に北京の天壇を模倣して建築されました。中央の丸屋根の建物をはさんで、右と左に二重屋根の建物が向き合い、中央の建物は重要な市会議や行事、又その他一般のイベント行われます。階段を下りると下に人民広場があり、市民の憩いの場所となっています。ここでは朝7時~9時頃は太極拳、剣舞、扇子踊りなどを練習する市民、夜の7時~9時には噴水があり、社交ダンス、小グループでの個人ダンスを楽しむ人が沢山見えます。現地市民生活を体験するにはなかなかいい場所です。