ホーム >> 中国観光地ガイド >> 重慶市
三峡博物館
入場料:無料(休館日:月曜日) 1日の入場人数は6000人以内に制限するため、予約が必要

2万3000㎡の広大な敷地に立地する三峡博物館には、三峡ダムのプロジェクトで文化財を保護した成果やその出土品などを展示している他、三峡の豊かな自然、歴史や文化なども紹介しています。
2300年余り前の巴人の生活をしのばせる工芸品や船棺などを展示していた重慶博物館もこちらに移転されました。この三峡博物館には、中国語で「闕」という亡くなった後に身分の高い人に送られる記念石碑が展示されています。2001年6月と12月の間に忠県で発掘された重さ30トン余りの一組の漢代のものです。これは漢代を記念した築造物であり、石造りの「漢書」ともいわれており、中国古代築造物の「生きた化石」とも言われて、長年地下に深く埋もれていたため、それほど風化していません。これは現在中国で最も完ぺきな形で保存されているものです。