ホーム >> 中国観光地ガイド >> 福建省
広西省 観光ポイント一覧
世界遺産-福建土楼 (世界文化遺産登録 2008年)

福建土楼は、福建省西部の山岳に位置しています。土楼は、外部から立ち入り出来ない大きな設計で、円形、楕円形、方形とさまざまな形をした巨大な要塞のような建物群です。北方からの移民、『客家(ハッカ)』とその他の民族が居住している「土楼」といわれる集合住宅です。このような土を材料として建築した家の施工方法は粘土と砂や土を一定の比率で混合し、それを打ち固めて堅牢な壁にし、梁、柱などの枠組みは木材からなります。山間部に密集する土楼は12~20世紀に築かれた要塞状の巨大住宅で、その高さは、3階から5階、3代~5世代に渡って同居し、著名な土楼『永定土楼』では、最高800人が一度に居住したことがある、と言われています。土楼は一族で住む為、同じ土楼に住む人々の姓はみんな同じです。
この土楼は、通常一つの入り口しかありません。土楼は、その数が多く、その中でも有名なのに『永定土楼』、『振成楼』、『承啓楼』、『遺経楼』、『田螺坑土楼群』などがあります。