ホーム >> 中国観光地ガイド >> 福建省
条件を指定して探す
出発地:
目的地:
日数:
キーワード:
世界遺産-武夷山 (世界複合遺産 登録1999年)
『武夷山』風景観光地は、福建省の西北市から約15キロ離れた所に位置し、その総面積は約70平方メートルを占めています。古い赤石層は1兆年にわたり水に浸された結果、奇岩怪石となり、至る場所に広がり、その容貌は奇異な山となっています。その観光地は、四季の風景が違うだけでなく、常に雲に囲まれ、木や竹は山一面を覆い、まるで仙人の住む世界のようです。
武夷山は、全部で36峰から成る山脈で、全長60キロの九曲渓、渓流の清らかな水を楽しめます。『天遊峰』は、武夷山にある最高峰で、天遊峰の頂上に登れば、武夷山と九曲全体の風景を満喫できます。
武夷山は、中国東南部で現存している最大自然保護区で、中亜熱帯森林の生態系が最も完全に保存されているといわれています。
武夷山には方竹、建蘭のような珍しい木や竹があるほか、珍鳥、獣、薬の材料などもあります。さらに、この地は、お茶の本場でもあり、名茶の産地として有名です。特に『武夷岩茶』は鮮やかな色、よい香りと濃厚な味により、国内外に知られています。