ホーム >> 中国観光地ガイド >> 貴州省
条件を指定して探す
出発地:
目的地:
日数:
キーワード:
貴州省 観光ポイント一覧
「千滝の故郷」名勝・赤水 (世界遺産登録 2010年)

赤水マップ赤水景勝区は、中国重要景勝区であり、中国の「国家地理」雑誌では「中国もっとも美しいところの一つ」と評価されています。
丹霞(タンカ)地形形成過程を現す場所として、福建省泰寧、湖南省莨山、広東省丹霞山、江西竜虎山(亀峰含む)、浙江省江郎山の6箇所とセットで申請されていましたが、2010年8月2日にやっと世界遺産として認可されました。
区は貴州省に管轄され、貴陽から450km、成都から340km、重慶からは270kmです。景勝区は、大きく『十丈洞』、『四洞溝』、『丙安』をはじめ、7つに区分され、主な景観区に、瀑布、竹海、熱帯・亜熱帯植物へゴ、森林公園などがあります。この景勝区は、豊富な水資源と変化に富んだ地形が滝の群を形成し、高さ3m以上のものが数千ヶ所あり、『千滝の故郷』と呼ばれています。赤水への観光は、重慶からが最も便利で、重慶人が一番多く訪れています。

●赤水の観光ポイント●
1. 滝の集落:滝観賞に絶好のハイキングコース
2. 革命記念の場所、赤軍が長征の時には4回も赤水を渡りました。
3. 古い町並み:古い集落が山奥に隠れているため、古城風貌の見学も出来ます。

【十丈洞大瀑布風景区】
赤水の街から38km、車で40分ほど離れています。滝の高さは76m、幅81km、中国では同州内『黄果樹瀑布』(世界名瀑布の一つだが重慶から行くにはかなり遠い)に次ぎ2番目の大きさの滝です。階段に沿って、間近まで近づくことができ、壮大な景観に心を引かれつつ、滝のしずくが飛び散り、非常に爽快です。十丈洞瀑布までの2キロメートルほどの位置に、『中洞瀑布』(落差18.5m、幅75.6m)が有ります。
十丈洞大瀑布風景区地図

【四洞溝瀑布群】
赤水近郊の大同鎮からさらに4km前方に、4つの滝(小さいものを含め20箇所以上)と生きた化石と言われる巨大なシダ、中国名「桫欏」(サロ;和名ヘゴ)の木があります。散策には、途中の景色を楽しみつつ、約3時間要します。
道は階段が少なく、緩やかな道です。電気カート用の道路は工事中です。完成すると、観光時間は半分に短縮できます。
尚、大同古鎮は清代末の建築が残る静かな長寿の街です。観光客が少なく、目立たないせいか、街は徐々に若者達が少なくなってきているようです。
四洞溝地図

【丙(ヘイ)安古鎮】
赤水市から24kmほど離れた、総人口6000人弱の丙安村内にあります。以前から、交通が不便であることと、経済が衰えたことで、人足も途絶え、数百年もの間、閉ざされた村でした。西部大開発に伴い、この村への交通整備が進み、2007には省建設庁に開発基本要綱案が通過しました。2015年までに、古鎮観光中心区域の建設計画もあります。
又、三方を山に囲まれ、残り一方を水に囲まれた貴州省では、唯一現在も道路の通っていない村と言われています。
昔は赤水から舟で赤水河を遡って行きましたが、現在は車で町の対岸に着き、吊橋を渡り、20分ほど歩くと市内に入ります。かつて明清時代には宿場や波止場として栄え、今でも古い吊脚楼の集落が残されています。