ホーム >> 中国観光地ガイド >> 河南省
条件を指定して探す
出発地:
目的地:
日数:
キーワード:
世界遺産-殷墟 (世界文化遺産登録 2006年)
殷墟は、中国河南省安陽県小屯村付近にある古代の殷王朝の都の遺跡です。「殷」は紀元前14世紀から500年にわたって栄えた王朝で、確認されている中では中国最古の王朝です。殷墟から出土した青銅器や、甲骨には文字が刻まれていました。殷墟では、いくつもの王の墓が発見され、副葬品の青銅器も出土しました。
小屯の都市の郊外では、陶器、骨器、銅器を造る工房と住居跡がたくさん発見されました。居住遺跡に対する侯家荘、大司空村には殷王朝の王墓が地下10メートル以上の深さにつくられていました。そのさまざまな種類の青銅器や玉器、甲骨片が考古学上、非常に重要です。