ホーム >> 中国観光地ガイド >> 湖北省

チョウザメ養殖場

入場料:50元

中国の一級保護水生動物に指定されている中華チョウザメは、回遊性大型魚類に属します。成長したものは体重が500キログラムを超え、世界27種中、チョウザメのトップだそうです。チョウザメは古代棘魚類の末裔で、白亜紀の化石から1億4千年前にすでに存在していたことが証明されています。中華チョウザメは珍しい魚類で、経済的価値も科学研究価値も高く、毎年夏から秋に長江を上り、3000kmもの上流や支流の金沙江(長江の一部)に回遊し産卵します。チョウザメの子は川の流れに乗って東シナ海や黄海にて生活します。
葛洲壩ダムの完成によって、中華チョウザメの回遊通路が切断されたため、宜昌で中華チョウザメの研究所が設けられ、人工授精や孵化などの面で優れた成果を上げています。