ホーム >> 中国観光地ガイド >> 江蘇省
条件を指定して探す
出発地:
目的地:
日数:
キーワード:
世界遺産-蘇州古典園林 (世界文化遺産登録 1997年)
蘇州は、中国著名な歴史文化城であり、中国語で「人間界の天国・園林の城」という誉があります。蘇州古典園林は、地元だけでなく中国はおろか世界的にも、非常に有名で人気も高いです。1997年に、江蘇蘇州古典園林は世界文化遺産として登録されました。
皇帝の所有する『皇家園林』に対し、個人で所有する『私家園林』となっています。皇家園林は北京一帯に集まり、私家園林は蘇州を代表します。
私家園林は紀元前5世紀に建造が始まり、明の時代に繁盛期となり、清の時代末には蘇州の園林は170カ所余に達しました。これまで、ほぼ完全に保存されている園林が十数ヶ所、拙政園、獅子林、滄浪亭、留園、網師園、怡園なども含まれています。
蘇州古典園林は、2000年の歴史があり、江南建築の大きな特徴としては白い壁に青い(黒い)かわら」という独特のコントラストの建物です。世界造園史上、独特な歴史地位と価値があり、中国の芸術の宝庫と言えるでしょう。その敷地は狭いにもかかわらず、巧みな芸術手法を取り入れ、有限の空間に、仮山、木、亭、台、楼、閣、橋、池などを作り出しました。