ホーム >> 中国観光地ガイド >> チベット
アリ地区
西チベットのンガリ地方には、ヒンズー教、ジャイナ教、ポン教、仏教徒にとって最高の聖地「カイラス山」と「マナサロワール湖」があります。
「カイラス山」はサンスクリット語、チベット語では「カン.リンポチェ」と呼びます。山自体は6656mの独立峰で、周囲を囲む5000m級の群峰から抜きん出て、その中央に聳えています。7000m 級と8000m 級の高峰が数多くあるチベットの中では、これでさえ小山に感じます。山頂の丸形は、仏教徒にとってカイラス山周辺が仏教の宇宙観がそのまま地上に出現した曼陀羅であり、カイラス山は仏陀で、周囲の山々は菩薩、という意味があります。ヒンズー教徒は、開祖「トンパ.シェンラプ」が空から降り立った地として捉えています。ジャイナ教徒では、開祖「ナータプッタ」が悟りを得た場所とみなしています。
カイラスの主峰「岡仁波斉峰」は、仏教経典が描写した「大雪山」であると判定され、チベット語では「宝の雪山」を意味します。いろんな宗教神話と伝説に包まれているカイラスは、世界中の参拝者の注目を浴びています。カイラス巡礼は仏教徒にしてもボン教徒にしても一生で最大の夢です。しかし、カイラスへの長い旅は非常に困難で、巡礼中に病気や飢饉や疲労などで亡くなった巡礼者は数え切れません。しかし、カイラス巡礼者達は、カイラス巡礼中に死ぬということは光栄且つ幸せなことだと考えています。
昔、チベットの富裕層は家族が死ぬと、皆その遺体をカイラスまで送り、埋葬して死後に良く生まれ変わることを願いました。又、その地の居住者達がインドやネパールや青海省などの地域に出かけた時、カイラスに住んでいることを伝えると、すぐに特別扱いされるそうです。カイラス巡礼に成功した者は、どこでも特別に尊敬され、いろんな面で優遇されるそうです。
インド仏教徒は、カイラスを巡礼すれば他の地への巡礼はしなくてもいいと考えています。カイラス主峰(岡仁波斉峰)を1巡すると、巡礼者の一生の罪が消滅し、10巡では、生死輪廻の地獄輪廻が消滅され、100巡以上では仏に成るといわれてます。当然それだけ回れば天国に行くことになります!!(笑)
カイラスから約30キロ離れた場所に、チベットで最大の聖湖.マナサロワール湖があります。

カイラスまでの交通手段
カイラスへの道のりは長く、砂利道の為、四輪駆動でいくように極力お勧めいたします。途中は、食料品の購入が困難な為、チョコレ―ト、カップラーメン、水、ソーセージ、お茶などの携帯が必要です。

マナサロワール湖
チベットでは「神湖の王」とも呼ばれ、海抜4587m、総面積4012平方キロ、一番深いところは87mもあります。主にカイラス山から流れきた雪解け水なので、鉱物成分が多い為、万病に効く聖水とチベット人に思われています。

古格遺跡 (グゲ遺跡)
カイラスから、約300キロ離れた札達県に古格遺跡=「グゲ」があります。
「グゲ」とは旧国名であり、イタリアのノべルト.ビターリ博士の説によれば、「グゲ」は洞窟を意味します。そもそもンガリ地方は昔の「シャンシュン」地で本来チベット四大部族の一つ.ム族の本地でした。ンガリ地方に進出した「キデ.ニマグン゜はカイラス山の南、西、さらに「ラダック」まで勢力を広げ、「グゲ」王国、「ラダック」王国を造り初代国王となりました。10世紀末には次男「タシグン」に「グゲ」王国を譲りました。
「グゲ」王国があった「ンガリ」地方は現地我々が想像するような僻地ではなく、中央アジアやインドへのチベットの玄関口であったので、「グゲ」王国はチベット仏教の復興に重大な役割を果たしました。「グゲ」王国の都「ツァパラン」は現在のグゲ王朝遺跡所在地に建設され、砦や望楼に囲まれた小高い丘の上には宮殿や寺院がありましたが、17世紀に戦争で廃墟と化しました。
1992年、中国学術調査隊がグゲ遺跡付近で「ピヤン」と「トンガ」仏教石窟を発見し、ピヤン石窟は約1000窟、トンガが約147窟、年代は13世紀~15世紀の間と推測されていますが、当時の僧侶達の生活洞窟だと思われています。

入場料  :185元/人
入場時間 :10:00-18:00