ホーム >> 中国観光地ガイド >> チベット
チベットのお祭り

チベットのお祭りはチベット特有のチベット暦をもとに行われます。

 新年.正月  チベット暦1月1日
昔は
1日はラマの正月2日は王の正月、それぞれが仏を供養し自らも初供養をうける日でした。
この祭りはチベット地域では一番にぎやかな祭りです。但し、地域により、時期が異なります。
例えば、シガツェ(日喀則)ではチベット暦の12月1日に新年正月を迎えます。


 酥油花灯節(供養の日)  チベット暦1月15日
仏に捧げるトルマ(バターの彫刻細工)がパルコル周囲にすきまなく飾られ、新年の訪れを祝います。
以前はダライラマが大昭寺の門前からパルコルを一周し、トルマを鑑賞するのが恒例でした。
これは庶民がダライラマに接する数少ないチャンスでした。
寺院主催の出し物、「
跳神」ではお面をつけた人が神に成りすまし踊り歌います。
昼間は仏に朝礼し、お寺へ参拝します。夜は町がナイトアップされとてもにぎやかです。



民族衣装で着飾る少女たち
  
       トルマ 色も形もさまざま、ラサの新年を彩ります。                     「跳神」のお面 
◆  モンラム大祭(祈祷会)  チベット暦1月4日~25日
仏が奇跡をおこした日を記念して、1409年にゲルク派創始者ツォンカパ大昭寺で始めました。
のちにゲルク派を代表する祭りとなり、祭りの間に僧院内で学位取得試験が行われます。
昔は法会の期間中は、ラサの街の全権力は僧官が握っていました。
◆ ルゴン王祭り   チベット暦1月26日 
民衆の一人が身体の半分を白く、半分を黒く塗った
魔王に扮装し、ダライラマの扮装をした人物とサイコロ勝負をします。
負けた(
魔王のサイコロは全面同じ色で塗られていて負けは決まっている)魔王が人々の厄を背負って街の外へ追い出される儀式です。
日本の節分の豆まきとよく似たしきたりですね。

◆ ショトン祭り ◆ チベット暦6月29日~7月初め
ショトン(雪頓)祭りは夏安居の間に、僧侶たちに魔物が悪さをしないよう歌劇を演じて魔物を喜ばせる
ことからはじまりました。夏にラマ(僧侶)がお寺を出てはいけない期間が戒律で決められ、その期間が
終了すると、ラマが寺を出て、一般住民よりバターを施されたり、思い切り歌い踊って遊びます。
ショ(雪)は「ヨーグルト」トン(頓)「食べる・宴」という意味で、厳しい修行を終えた喜びを祝います。

主なイベント 
歌  劇     ノルブリンカでのダライラマの御前公演をはじめに、チベット全域で演じられます。
タンカ(大仏画)開帳 デプン寺で1年保管されていた大きなタンカを日干しにします。
          天気によって開帳時間を決めるので、開帳に立ち会えた人はとてもラッキー。
          他に
「晒佛」などとも呼ばれています。
ヤクの決闘、馬術コンテスト、投資貿易の商談、商品展示、旅行レジャーなど

歴史  17世紀のショトン祭りからチベット歌劇が始められました。
     当初のデプン寺からいつしかポタラ宮へと移り、最終的に18世紀 はじめにノルブリンカに移り、
     のちに 一般庶民もノルブリンカに入園しチベット歌劇を観賞できるようになりました。

主な日程 
     1951年までショトン祭りは
チベット暦6月29日、各地方の歌劇団がポタラ宮に到着登録をし、
     簡単な儀式とノルブリンカでダライラマにお礼をし、デプン寺に戻ります。
     1959年以後ショトン祭りはより民衆化され、夏のチベット民族衣装の女性や、かかとの高い
     長靴を履いた男性達
が子供と共に洪水のようにノルブリンカへ押し寄せ、チベット歌劇などの
     多様な ショーを観賞します。

タンカ開帳
タンカ開帳
チベット劇
チベット劇