ホーム >> 中国観光地ガイド >> チベット
チョモランマ

チョモランマ観光マップ

入場料 :180元
道路建設料金:400元/車 
チベット辺鄙地域特別ビザ:800元/人

ヒマラヤ山脈の主峰であり世界最高峰を誇る、ご存知「エベレスト」のチベット語名です。チョモ(珠穆)は女神の意味、ランマ(朗瑪)は3番目の意を表しています。というのも、チベット人はチョモランマ山とその周辺の4つの高い山を五大神山と呼び、チョモランマは五大神山の中の順番だからです。
チョモランマは中国とネパールの国境に位置し、海抜8848m,世界一の高い山です。巨大なピラミッド形を成し、雪線高度は北坂5800m~6200m 、南坂5500m~6100mで、頂上から麓まで548本の氷河が分布し、氷河の総面積は1457.07万平方キロ、平均厚さは7260mです。チョモランマ周辺に海抜7000mを超える峰は40箇所余りあり、洛子峰(8463m)、ノバカロ峰(8463m)、ツォ・オユー峰(7589m0、章子峰(7543m0、努子峰(7855m)、普莫里峰(7145m)などがあります。

行き方
ラサ→シガツェ→定日(中国語発音・ディン・リー)→パンラ峠→ロンブク寺→チョモランマベースキャンプのルートで行くのが一番便利で、四輪駆動車又はワゴン車をチャーターして行きます。公共バスは「シガツェ」まで走っており、「シガツェ」通過後は路線バスは毎日運行しておらず、運行されてない区間もあります。
ラサ~テインリー間は舗装されたアスフアルト道路ですが、テインリー~ロンブク寺間は砂利道となります。ロンブク寺に着く前は現地12名乗りのエコバス(80元/人)に乗り換えます。チョモランマベースキャンプまでは馬車も利用可能です。
チョモランマを見た後は、ラサへ戻ってもいいですが、ここからネパールまで約200kmです。予定にいれるのであれば、日本出国前に、出入国に関する渡航情報等を確認し、諸手続を済ませてからお越し下さい。

チョモランマの気候とチョモランマの観光ベストシーズン
チョモランマ地区は6月中旬~9月中旬はインド洋からの暖気団が北上し、雨が多く、雹が降るときもあります。11月中旬~2月中旬は北からの寒気団で気温は零下60度になる場合もあり、平均気温はマイナス40度です。最大風速は90m。
毎年の3月初旬~5月末、9月初旬~10月末は季節の変わり目が晴天が比較的多いです。チョモランマ峰が見れる季節もこの時期です。冬は積雪の為通行止めです。

チョモランマのホテル情報
ホテル

施設

連絡先
ロンブク寺エリア 招待所(約20~30人収容可能)があります。ロンブク寺内でも宿泊は可能。しかし、ベッドやリネンは清潔ではなく、寝袋を持参することをお勧めします。夜間は寒く防寒の役割もあります。ラサ市内で購入できます。
ロンブク寺付近「観景台賓館」比較的清潔で部屋はちゃんとした部屋ですが、ホテルにトイレがありません、料金もかなり高め。
寺院の前にチベット族経営のレストランがあり、チャーハン10元から。
オールドテインリーエリア 「雪豹客桟」 珠峰賓館と同じ会社のと言うホテル。約100名収容可能。展望台、バー、ビジネスセンターもあります。チョモランマまで60km。
「絨轄旅館」 チベット特色が濃い招待所です。料金80元/ベッド
0892-8262268
ディン・リー珠峰賓館(2星)

テインリー県白覇郷にあり、180名収容可能。
スタンダードルーム/340元、朝食60元/人

0892-8262268
ディン・リーチョモランマ上海大酒店 (2星) スタンダードルーム36室あり。珠峰賓館より料金がやあ高いです。
テインリーからチョモランマまでの距離は100km

ヒマラヤ各巨峰の撮影について
ヒマラヤの主峰チョモランマ・その他峯の撮影ベスト場所

オールドティンリー(ガンガ鎮) 
海抜4340m ティンリーより58km 周辺見れる山はチョモランマ峰、ラブジカン峰。

ロンブク寺 
海抜4980m ティンリーより90km(すべて砂利道) チョモランマを眺望します。

チョモランマベースキャンプ 
海抜5200m。ロンブク寺より馬車で50分ほど。ココはチョモランマ登山の始発点です。ココにテントがあり、テントの中で休んだり、チベット族のバター茶を飲んだりできます。絵葉書の郵便も お願いできます。(遅いけど)

カツォーラ峠 
海抜5248m ティンリーに着く前の峠、ココでは始めてチョモランマが目にします。
(ティンリー4300m)

パンラ峠 
海抜5200m ココでは青いケシ(7,8月)が稀に見え、特にここの夕日と朝日が美しいです。ツォ・オユー、チョモランマ、マカルーの峰が眺望出来ます。

そのほかの注意事項
午後の16時ごろに風が強くなり、その以後の走行は要注意。中国の西部に位置するので、日没は夜の21時ごろです。砂利道を走行し、カーブも多い為、経験豊富なドライバ―を使ってください。 
ラツエ~定日間は、2008年に道路工事があり、通行規制があります。
その他、チベット基本情報をご参考に。