ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡
費イ墓

費イ墓は、昭化古城の門をから約500mの道路脇にあります。費イ(しめすへんに韋)は、威張らない性格の上、金銭欲もなく、ずば抜けた洞察力の持ち主だったので、諸葛孔明に重く用いられていました。又、成都にある万里橋から出発し、呉へ使いに行きましたが、それも見事に役目を果たしました。孫権も、費イを賞賛してやまなかったといいます。245年に蒋エンが亡くなると、大将軍(武官の最高位)、録尚書事(文官の最高位)に就任し、軍事、内政の両面で蜀の国政を担いました。253年、昭化に丞相府を設置して政務をとりましたが、新年祝賀の席で魏の降将郭循に暗殺されました。無類の酒好きがたたって、あっけない最期となりました。