ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志物語-定軍山の戦い
定軍山の戦い定軍山の戦い(ていぐんざんのたたかい)は、中国後漢末期に、益州北部の要衝・漢中を巡って曹操と劉備の両者間で行われた戦い。219年、劉備は定軍山に陣取り、夏侯淵は劉備を攻撃した。劉備はまず東に張コウ(合にオオザト)の軍を一万人を十部隊に分けて夜襲をかけた。張コウはこの攻撃は耐え抜いた。劉備は走馬谷の陣を焼き払い、劉備はこれを機として張コウを攻撃し、張コウの軍は劣勢となった。夏侯淵は指揮下の軍の半分を派遣し張コウを救援した。法正はこの期を逃さず劉備に夏侯淵を攻撃するように進言したので、劉備は黄忠に命じて半減した夏侯淵の本隊を攻撃させた。黄忠は高所に登り、夏侯淵を襲撃してこれを破り、夏侯淵を斬り殺した。 大将を失った漢中守備軍は浮き足立ったが、夏侯淵の幕僚であった郭淮は劉備にも警戒されている名将である張コウこそが大将を引き継ぐに相応しいと考え、全軍に命令を発して張コウを大将に推薦したため、張コウが漢中守備軍を引き継いだ。 劉備は張コウを討ち取れなかったと聞くと「これではどうにもならない」と語った。劉備は兵糧監督など後方の任務に就くことの多かった夏侯淵よりも実戦派の張コウをより警戒していたのである。
事ここに至って、前年より長安に滞在して諸軍を督戦していた曹操は、自ら大軍を率いて漢中奪回を図った。劉備は地形を利用して要害を組み、曹操を迎え撃った。劉備は「曹操が来たとしても何もできないであろう、わしは必ず漢川を保有してみせよう。」と語り自信を示した。曹操が来襲すると劉備は高所に陣取り防御を固くした。 『三国志』蜀書趙雲伝の注に引く『趙雲別伝』によれば、黄忠は曹操軍の兵糧庫を襲撃した。ある時、趙雲は黄忠の軍が帰還予定時刻になったにも関わらず帰還しないので数十騎を率いて偵察に出た。趙雲はたまたま曹操軍と行き違った。曹操軍は趙雲を攻撃したが、逆に趙雲は曹操軍の陣に突撃をかけこれを敗走させると戦いながら自陣に撤退した。曹操軍は態勢を立て直し趙雲の陣に迫った。趙雲はこれに空城の計をもって対応し、曹操軍は伏兵の存在を考え撤退した。そこで趙雲は追撃して敵軍を破った。これを聞いた劉備は「趙雲は全身が肝である」と語ったという。戦後、劉備は群臣に推挙されるという形で漢中王に即位し、劉邦の故事に従い中原を制覇するという意向を明かにした。また漢中の守備には魏延を抜擢した。 関羽は戦捷をかって荊州北部攻撃を開始するが、曹操軍の側では大規模な敗退の直後であり編成が整わず大いに苦戦することとなる。