ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志物語-五虎大将軍
五虎大将軍五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)は、小説『三国志演義』、及びその派生作品に登場する架空の称号。 五虎大将(ごこたいしょう)、五虎将軍(ごこしょうぐん)、五虎将(ごこしょう)などと略される場合もある。
諸葛亮の進言により、劉備が古参や新参を問わず信頼と功績のある武将5人に五虎大将軍の称号を授けた。その5人は関羽、張飛、趙雲、黄忠、馬超である。重要な軍事の際にはそれぞれ軍を率いて活躍し、軍事における中心的な役割を果たした。
五虎大将軍の称号は、15世紀にまとめられた小説『三国志演義』で初めて現れる。
起源は3世紀に書かれた歴史書『三国志』(いわゆる「正史」)で、この5人の伝が『蜀書第6巻 関張馬黄趙伝』として1巻にまとめて記述されている。関羽、張飛、馬超、黄忠がそれぞれ前将軍、右将軍、左将軍、後将軍に任じられたときの逸話を元にしているとされている。『三国志』には、前将軍に任じられた際に関羽が「黄忠のような身分の低い老将や、仕えて日が浅い馬超などと自分が同格なのは納得いかない」と愚痴をこぼした、とも記されている。また趙雲は、各地を転戦するもそれまで大きな功績が少なかったため他の4人より昇進が遅く、待遇が同格になったのは晩年期であるとされる。