ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡
蒋エン墓

四川省綿陽市郊外の西山にある蒋エン (中国語表記・オウヘンに宛)墓は、八角形の石の墓で、高さ4メートル、周囲25メートルです。墓の側には蒋候祠があり、祠の前には蒋エンの銅像があります。その表情は荘厳で穏やかで彼の個性が表現されています。 表門の両側には14文字の対聯(対偶法で書かれた一対の語句の意)が書いてあり、蒋エンが諸葛孔明を助けたという功績がたたえられています。 長期にわたる戦乱時代、蒋エン墓内の草も伸び、荒れ放題でしたが、1849年、李象が綿陽の知州(知事に相当)になったとき修復されました。1890年、竜安(四川省平武)の知府(知事)蒋徳約が再び修復し、今日に至っています。