ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡
剣門関

剣門関は歴代必ず攻防戦が繰り広げられてきた天然の要塞です。「剣門関を得れば、四川を得る」とも言われた険峻な地で、この二千数百年の間に百回近くの戦いがあったそうです。三国時代では諸葛孔明が関楼の下の谷に15キロに及ぶ閣道を造って北伐の根拠地としました。そして蜀が滅亡する直前、姜維は3ヶ月間剣門関を死守しました。263年8月、魏は全軍をあげて蜀に侵攻しました。姜維は閬中から退いて剣閣(剣門関)に立てこもり、鐘会に抵抗しました。兵数10万を誇る鐘会軍もここを攻め、姜維に向かって降伏を呼びかけるが、姜維は抵抗を続けました。 しかし鄧艾が陰平から前人未踏の険路を七百里も超えて江油に入り、綿竹関の諸葛瞻を討ち取って成都に至り、劉禅は無抵抗で魏に降伏しました。事情を知らぬ姜維は広漢に退き状況把握につとめました。城主の「降伏せよ」との令を知り、姜維は「ふ城」でやっと鐘会に降伏しました。武将達は知らせを聞くと、刀を抜いて石を斬りつけ、その無念さを表しました。