ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡
ホウ統祠落鳳坡

ホウ(中国語表記・まだれに龍) 統 (179-214)、字士元、号「鳳雛」。四川省徳陽市から約15キロ離れている羅江県白馬関にあります。
古代、秦から蜀に続く道の最後の堅固な関所でした。ホウ統が214年に馬上で矢で射殺された後、蜀漢の劉備が建てました。祠の前には「金牛古道」が見られます。祠内に彼を祭っている鳳棲殿に、彼の塚と、彼が死の直前に乗っていた白馬の像などがあります。ホウ統祠より約3キロ離れた古道沿いに落鳳坡の石碑が建てられています。落鳳坡ホウ統の墓(埋蔵地)があります。 現存のホウ統祠は清康熙皇帝30年 (1691年) に再建されたもので、建物は正門、龍鳳殿、さい (中国語表記・) 鳳殿、廊下とホウ統墓があり、殆ど石造りです。周辺に柏の林があり、特に入り口の2本の柏の木は張飛が植えたと伝えられており、1000年以上の歴史があります。