ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-費禕

費禕費禕(生没?- 253年)は、後漢末期から三国時代の人で、蜀漢の政治家と武将。字は文偉。娘は皇太子の妃となっている。蒋琬、董允などとともに蜀の政治を支えた人物。諸葛亮、蒋琬、董允と共に蜀の四相と称される。
諸葛亮の死後、後軍師を経て尚書令となり、蒋琬と共に蜀漢を支えた。蒋琬の病が重くなった243年には大将軍録尚書事に昇進、後には益州刺史も兼任した。北伐の再開を計画する蒋琬に反対し、姜維が大軍を動かして北伐の再開を希望した際も「丞相(諸葛亮)でさえ魏を破れなかったのに、我らでは到底無理だ」と制して多くの兵を与えず、まず内政の安定を計ることを第一としていた。 費禕伝に引かれている『費禕別伝』によると、尚書令時代の費禕は日々の膨大な政事を過ちなくこなしつつも、宴席やばくち事などにも遊びほうけていた。しかし、同職を引き継いた董允がこれを真似ようとすると、数日で仕事が大きく遅滞した。董允は「人の能力の差とはこれほどあるものか。私の力は(費禕に)全く及ばない。一日中仕事をしていても、全く余裕がないではないか」と嘆いた。一方、私生活での費禕は慎み深く質素で、家に蓄財をすることはなかった。 253年、宴席でしたたかに酔ったところを、魏の降将の郭循に刺殺された。敬侯と諡された。費禕の死後、姜維と陳祗(ちん?し)が国政を主導することとなるが、彼の後を継げる人物はおらず、蜀漢は衰退の一途をたどることとなった。