ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-蒋琬(閬中諸葛亮の後継者(しょう・えん))

蒋琬蒋琬(しょうえん、生没?-246年)後漢末期から三国時代の蜀漢の政治家。荊州零陵郡湘郷県の人。入蜀前の荊州領有時代の劉備に仕官した。劉備亡き後は遺児の劉禅、丞相の諸葛亮を支え、諸葛亮の死に際して後事を託された。卓越した政治手腕を持ち、諸葛亮に「社稷之器(国家を担う器である)」と評され、諸葛亮、費禕(ひ・い)、董允(とう・いん)と共に『四相』もしくは『四英』と称された。
建興元年(223年)、諸葛亮が丞相府を開府すると東曹掾、後に昇進して参軍に任じられた。同5年(227年)、諸葛亮が北伐を開始した際には、長史の張裔と共に留守として成都に残り、政治と軍事を預かった。同8年(230年)に張裔に代わって長史となり、また撫軍将軍にも任じられた。諸葛亮は密かに劉禅に対し「私が死ぬことがあれば、後事を蒋エンに託すべきです」と上書していた。建興12年(234年)、諸葛亮が死去すると尚書令となり、すぐに行都護、仮節、領益州刺史を加えられ、しばらくして大将軍録尚書事に昇進し、また安陽亭侯に封じられた。延煕元年(238年)、詔により大将軍府を開府し、明けて同2年(239年)、大司馬に昇進した。この頃、蒋エンは以前の諸葛亮による北進策の度々の失敗を受け、漢水を利用して東進し魏興や上庸を攻撃する計画を立てた。しかし、持病により実行できずにいたことと、撤退の困難さをあげて計画の反対を唱える人が大勢いたことから、劉禅の指示により、計画は実行されず中止された。この際、蒋エンは姜維を涼州刺史とした上で北方に当たらせ、自身はふう(現在の綿陽)に駐屯する旨を上疏し認められた。延煕9年(246年)、病気が重くなり死去し、恭侯と諡された。 その事績から、蒋エンの性格は冷静で、感情を表に出さないものだったと思われる。諸葛亮が亡くなった時、人々は不安を抱いたが、後事を託された蒋エンの様子が変わらないのを見て、心服したという。また、議論の途中で返事をしないことがあった楊戯や、蒋エンを「前任者に及ばない」と謗った楊敏に対しても、感情的になることはなかった。後に、楊敏は逮捕されることがあったが、それでも蒋エンは、個人的感情でもって刑に処すことはなかった。