ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-姜維

姜維253年、費禕が魏の降将・郭循に刺殺されると、姜維は費禕の後を受け軍権を握り、数万の兵を率いて北伐を敢行した。254年、魏の狄道県長李簡の寝返りに乗じて三県を制圧し、徐質を討ち 取った。翌年には夏侯覇らとともに魏の雍州刺史王経を大破した。この功績により翌256年大将 軍に昇進する。しかし同年、段谷で魏将鄧艾に大敗し(段谷の戦い)、蜀の国力を大いに疲弊 させた。姜維は諸葛孔明の先例に倣って、自らを後将軍で行大将軍事へと降格することで敗戦の 責任を取っている。257年、諸葛誕が反乱を起こしたのに乗じて魏を攻めたが勝つことができな かった。姜維は「諸陣営を交錯させて守備する従来の漢中の防衛法は防御力は高いが大勝は期 待できません。諸陣営を引き退かせ、兵を漢・楽の二城に集中させ、関所の守りを重視して防御 にあたらせ、敵が攻めてきたら遊撃隊を両城より繰り出して敵の隙を伺わせ、敵が疲弊して撤退 した時、いっせいに出撃して追撃すれば敵を殲滅できるでしょう。」と建議した。その結果、督漢 中の胡済を漢寿まで退かせ、監軍の王含に楽城を守らせ、護軍の蒋斌に漢城を守らせた。ま た、西安、建威、武衛、石門、武城、建昌、臨遠に防御陣を築いた。
姜維は長年軍事に力を注ぎ内政を顧みなかった。皇帝の劉禅は宦官の黄皓を重用して酒色に溺れ、蜀の国政は混乱した。また涼州出身の姜維は、蜀の朝廷内では孤立しがちであった。黄皓が閻宇と結託し姜維の追放を画策した際には、当時蜀漢の朝政を担っていた諸葛瞻や董厥までが黄皓の意見に同調したほどであった。姜維もまた黄皓を除くよう劉禅に嘆願したが聞き入られず、身の危険を感じた姜維は、これ以後成都に戻る事が出来なくなった。262年、魏を攻めたが鄧艾に撃退された。263年、魏の司馬昭の命を受けた鄧艾と鍾会が蜀に侵攻してきた。姜維は剣門関で鍾会の軍に抵抗した。しかし姜維と鍾会が対峙している間、鄧艾が陰平から迂回して蜀に進入し、綿竹で諸葛瞻を討ち取った。この知らせを聞いた劉禅は成都を攻められる前に鄧艾に降伏した。劉禅の命令を受けた姜維は鍾会に降伏した。 降伏後の姜維は、自分より功績を立てた鄧艾を妬む鍾会をそそのかし、鄧艾を捕らえさせた。その目的は、まず鍾会を魏から独立させ、機会を見て鍾会と魏の将兵を殺害し、劉禅を迎え入れて蜀を復興させようというものであった。鍾会は姜維の進言に従い、遠征に従軍した将軍たちを幽閉して反乱を準備した。だが将軍らが生命の危機を感じて暴動を起こしたため計画は失敗し、姜維は鍾会および妻子と共に殺された。享年63。