ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-劉備玄徳

劉備姓名:劉備(りゅうび)
字:玄徳(げんとく)
生死年:161~223
出身地:[シ豕]郡

劉備(りゅうび)は後漢末から三国時代にかけて活躍した武将。蜀(蜀漢)の初代皇帝。

黄巾の乱の鎮圧で功績を挙げ、その後は各地を転戦。諸葛亮の天下三分の計に基付いて蜀の地を得て勢力を築き、魏・呉・蜀の鼎立の原因を作った。後漢の滅亡を受けて皇帝に即位し、蜀漢を建国した。

明代の小説『三国志演義』では主人公として登場する。
涿(たく)郡涿県の人。正史には前漢の中山靖王劉勝の末裔とある。黄巾の乱に際して関羽・張飛らと義勇軍を結成し、鎮圧に功績を挙げる。功により一旦は公職に就くが、やがて職を捨て出奔。その後は各地を転戦し公孫瓚、袁紹らの下で戦う。その間、徐州刺史、豫州牧などの地位を得るが、一定の本拠を定めることはできなかった。官渡の戦いでは袁紹軍に参加するが、曹操に軍を向けられると劉表のもとに身を寄せた。劉表のもとで過ごす中で諸葛亮を参謀に迎え、天下三分の計を説かれる。劉表の没後は孫権と連合して曹操に対抗した。そののち、天下三分の計に基づき劉璋から蜀を奪って本拠を定め、漢中王を称して曹操と孫権に対抗。皇帝(献帝)の曹丕への禅譲を受けて部下たちから皇帝に推戴され、蜀漢を建国した。
その後、孫権に対して親征を行うも夷陵の戦いで陸遜に大敗し、白帝城に逃げ延びそこで没した。享年63。後継は嫡子の劉禅と定め、その補佐を諸葛亮に託した。後に昭烈帝と諡された。昭は光に通じ、烈は武に通じるため、後漢を復興して蜀漢を建国したとする劉備の事績をふまえ、前漢を復興した後漢の光武帝を意識した諡号となっている。
蜀漢皇帝となった劉備は221年、関羽を殺した孫権に対して報復として親征(夷陵の戦い)を行なった。初めのうちは呉軍を軽快に撃ち破りながら進軍、呉は荊州の拠点であった江陵を背後に残すまでに追い詰められた。しかし翌222年夏、蜀漢軍は夷陵にて陸遜の火計策に嵌り大敗し、劉備自ら白帝城に逃げ込み、ここに永安宮を造営して逝去するまで滞在した。

ここで劉備は病を発し、病床に臥せってしまう。そこで劉備は丞相・諸葛亮と劉永・劉理ら諸子を呼び寄せた。諸葛亮には「君の才能は魏の曹丕に十倍する。必ずや国に安定をもたらし、統一を果たしてくれると信じている。わが子、劉禅が帝君としての素質を備えているようであれば、これを補佐してくれ。だが、もし劉禅が補佐するに足りない凡器だと思ったのなら、君が取って代わって皇帝として国家を統率してくれ」と言い遺し、子供達に対しては「悪事はどんな小さなことでも行なってはいけない。善事はどんな小さなことでもこれを行なえ。お前達の父は徳が薄く、これを見習ってはいけない。『漢書』・『礼記』・『六韜(呂尚の著と伝えられる兵法書)』・『商君書(商鞅の著と伝えられる法律論)』等々を読んでしっかり勉強せよ。これより丞相(諸葛亮)を父と思って仕えよ。いささかも怠ったらばそなたらは不孝の子であるぞ」と言い遺して間もなく崩じた。享年63。