ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-魯粛

魯粛姓名:魯粛(ろしゅく) 
字:子敬(しけい)    
生死年:172~217
出身地:臨淮郡東城県  
役職:東城県長→賛軍校尉→横江将軍
所属:袁術→呉

魯 粛(ろ しゅく、172年 - 217年)中国後漢末に袁術・孫策・孫権に仕えた武将・参謀。字は子敬。徐州の臨淮郡東城県(現在の安徽省定遠県南東部)の出身。赤壁の戦いでは降伏派が多い中、主戦論を唱え周瑜と共に開戦を主張し、また劉備陣営との連携に尽力した。周瑜の死後は孫権陣営の舵取り役として活躍した。魯淑の父、魯睦の祖父。
赤壁の戦いの直前に劉表が亡くなると、すぐに荊州の様子を探りに行くように進言。その事情を把握すると劉備と同盟を結び曹操と対峙する事を進言した。そして、周瑜を召しかえし曹操の軍にあたらせたり、諸葛亮と話し合って同盟の手はずを整えるなど、赤壁の戦いの時は主に縁の下で働いていた。
赤壁の戦いの直後、劉備は荊州南部の武陵・長沙・桂陽・零陵の四郡を曹操より奪い、南郡の公安を手に入れた。その後、劉備と孫権の交渉の結果、魯粛の提案により、劉備は孫権に長沙・桂陽・零陵を譲ると同時に孫権は劉備に長沙・桂陽・零陵を貸し、劉備が相応の領地を手に入れた時に劉備は孫権に長沙・桂陽・零陵を返す事となった。また後日、劉備は孫権より南郡を譲り受けた。
周瑜が亡くなるとその遺言で後継者として選ばれ、軍隊をとりまとめた。地方でも彼の威徳は行き渡り、赤壁の戦いで疲弊していた国力を回復させる。後に劉備の部下であった関羽との間で、荊州を巡ってしばしば紛争が起こったが、魯粛は劉備と同盟し、曹操に当たることが孫呉の将来のためであると信じ、劉備達には常に友好的な態度で接し、事を荒立てないようにした。しかし、要求を行う時は常に毅然とした態度で臨み、劉備に荊州南部の2郡(長沙・桂陽)を返却させることに成功した。

217年に46歳で亡くなった。彼の後は呂蒙が後任として就く事となる。