ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-呂蒙

呂蒙姓名:呂蒙(りょもう) 
字:子明(しめい) 
生死年:178~219
出身地:汝南郡富陂県 
役職:征虜中郎将→建威将軍→大司馬
所属:呉

子供の頃、身を寄せていた親戚・とう当が孫策に仕えていたため、そのまま呉の人間として成長していった。孫策の死後、孫権が実権を継承すると孫権は呂蒙の非凡な能力を認め、彼を将軍として引き立て兵を与えた。すると呂蒙もその期待に応えるように多くの戦功を上げ、孫権からの信頼をえるようになった。魯粛が死ぬと最高司令官の職は呂蒙に引き継がれ、呉の兵権を握るようになった。
蜀呉の友好関係が崩れてくると、荊州の関羽討伐を計画(演義では陸遜が考えたと言われている)、関羽が北方に進軍している留守を狙って荊州に進行する、その際兵に戦地での略奪を禁じ、人民や捕虜も手厚く保護するように徹底した。その効果もあって関羽が戻ってきたときには荊州の人民は呉に心を開き、それを見た兵たちも呉に降伏してしまった。兵を失った関羽は逃亡中に捕らえられ処刑される。荊州平定の大功績に孫権も大いに喜んだが、呂蒙は帰国してまもなく病にかかり死去する。
そして陸遜へと呉の最高司令官の座は継承される。世間における、もとい演義における呂蒙は事実とは大きく違っている。それはやはり絶大的は人気の関羽を殺したと言うところにあるようだが、呂蒙には気の毒なほど正史における良いエピソード部分は演義では大きくカットされ、マイナス的はエピソードが加えられている。実際の彼は学問に強く、戦略にも優れた周瑜・魯粛に引けを取らない司令官であった。忠義心にも厚く、孫権から貰った褒美は全て使わずに保管しておいて自分が死んだ後は全て返納する遺言していたらしい。