ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-夏侯淵

夏侯淵姓名:夏侯淵(かこうえん) 
字:妙才(みょうさい)  
生死年:?~219
出身地:沛国県[言焦]県  
役職:別武司馬・騎都尉→征西将軍
所属:魏

夏候惇や曹操とは従兄弟にあたり、曹操が挙兵する前からの付き合いで曹操が事件を起こした時に身代わりとなって曹操を助けている。
のちに曹操に救出されてからは曹操に従軍し、戦場では急襲を得意とし、いつも敵の不意をつく攻撃をしていた。軍中では典軍校尉の夏侯淵、3日で500里、6日で1000里」と言われていた。西涼討伐では活躍し馬超率いる西涼軍を破り馬超を漢中に敗走させている。
漢中の張魯が降伏し曹操が平定すると漢中の守備を任され征西将軍に任命されている。
劉備軍が攻めてくると張[合β]を東の守備を任せたが敗れ、自軍の兵を半分さいて救援の駆けつけるも劉備軍の黄忠の猛攻を抑えきれずに定軍山で黄忠に討ち取られている。