ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-張飛

張飛姓名:張飛(ちょうひ) 
字:益徳(えきとく)又は翼徳(よくとく) 
生死年:?~221
出身地:[シ豕]郡 
役職:別部司馬→征虜将軍→車騎将軍
所属:蜀

肉屋をしていたが、ある日出会った劉備・関羽と義兄弟の契りを結び、一大事業に乗り出すことになる。この有名な桃園結義に至るまでの三人には数え切れないほどたくさんのエピソードがあるが、1番オーソドックスなのが、官軍募集の看板を見て溜息をつく劉備を一喝する、というもの。魏の将夏侯覇を落馬させた大声と、数々の失敗を生み出した大酒が彼のトレードマーク。馬鹿力で浅はかだが、兄貴の言うことにだけは逆らわない。そんな単純な性格の中にも愛嬌があり、本場中国では孫悟空と一、二を争う人気者。だが、天下にその名を轟かせ、蜀に燕人張飛ありと言わしめたが、最期はあまりにもあっけなく、関羽の仇討ちの前夜に、厳しくしすぎた部下に寝首をかかれてしまった。