ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-趙雲

趙雲姓名:趙雲(ちょううん) 
字:子龍(しりゅう)  
生死年:?~229
出身地:常山郡真定県  
役職:牙門将軍→征東将軍→鎮軍将軍
所属:公孫讃→蜀

常山真定の出身。蜀の五虎将の1人で、関羽・張飛に次いで、公孫サンのもとから劉備の配下へ。一騎打ちで文醜を退け、『空城の計』を考案するなど、まさに文武両道。長坂破の戦いでは、阿斗を救うため単騎で百万を越す魏軍の中を駆け抜け、曹操はその凄まじさに舌を巻き、殺すのは惜しいと弓を使うのを禁じたほど。諸葛亮は『子龍は満身これ胆である』と高く評価し、七十歳で死去したときには、片腕を失ったと言って嘆いたという。幼い頃は、母を養うために河で魚を捕っていたが、誰にも教わらないのに体を傷つけないようにと魚の『眼』だけを槍で突くという離れ業もできたというエピソードがある。