ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-諸葛亮

諸葛亮姓名:諸葛亮(しょかつりょう) 
字:孔明(こうめい) 
生死年:181~234
出身地:瑯邪郡陽都県
役職:軍師中郎将→軍師将軍→丞相
所属:蜀

父親の諸葛珪は彼の幼い頃に亡くなっており、叔父の諸葛玄に伴われて荊州へ移った。叔父の死後、諸葛亮は農耕生活を営んでいた。徐庶の推薦を聞いた劉備は諸葛亮を三顧の礼により迎え入れた。彼は荊州・益州を拠点として魏の曹操・呉の孫権と対立するという、天下三分の計を劉備に示した。彼はしばしば自分を管仲や楽毅になぞらえていたが、その通り、帝位についた劉備により丞相に任じられ、蜀の国政を担うようになった。劉備からの信頼は厚く、遺言で子の劉禅が補佐するに足りない人物であったら代わりに国を取れとまで言われた。忠義に厚い諸葛亮はあくまで無能な劉禅を補佐しつづけた。南方の異民族を平定すると、劉備の遺業達成を掲げ、幾度も北伐を敢行した。しかし、過労がたたり五丈原で魏の司馬懿と対峙したまま陣中で病没した。抜群の政治手腕により、蜀の国力は増し民衆の支持を得た。また賞罰は公正さを重視しており、日頃彼が目をかけていた馬謖が命令無視により大敗を喫したためやむなく処刑したことは、泣いて馬謖を斬るの故事で有名である。演義では卓越した軍略家として描かれており、赤壁の戦いで呉の周瑜と知恵比べをしている。