ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-諸葛尚

諸葛尚諸葛尚(しょかつ・ しょう)(生没年245-263年)は、中国の三国時代、蜀の武将。諸葛瞻の長男で、諸葛亮の孫に当たる。 父よりも才能に秀でていたといわれている。263年、魏の鄧艾が攻めてきたとき、父と共に綿竹に立て籠もって抗戦したが、鄧艾の前に遂に追いつめられた。このとき、鄧艾は諸葛亮の息子と孫ということで、降伏することを勧めたが、諸葛尚は「黄皓等生かしておいたからこうなったのだ」と嘆いて魏の兵に突入。父とともに戦死した。鄧艾は2人を葬りその年蜀は滅んだ。