ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志人物-諸葛瞻

諸葛瞻姓名:諸葛瞻(しょかつせん) 
字:思遠(しえん)  
生死年:227~263
出身地:不明 
役職:騎都尉→平尚書事
所属:蜀

諸葛瞻は、中国三国蜀時代の政治家。諸葛孔明の長男。字は「思遠。」父・諸葛亮の没後、父の爵位である武郷侯を継ぎ、周囲からの多大な期待を受ける。17歳の時、劉禅の娘を娶り、騎都尉を拝命。翌年、羽林中郎将となり、射声校尉、侍中、尚書僕射となり、軍師将軍の任命をも受けた。最終的には行都護衛将軍、平尚書事にまで昇進した。 姜維(きょうい)とは政治的主張が異なり、黄皓(こう・こう)が姜維の失脚を画策した時には後任と目された閻宇を推挙したという話がある。
263年、魏の鄧艾(デン・アイ)が攻めて来るに至って劉禅の命により出撃す る。綿竹に立て立てこもって戦い、一度は勝利するも鄧艾の猛攻の前に苦戦。呉に救援を依頼するがその援軍を待たずに出撃。鄧艾は、書簡を送り降伏を勧めたが、諸葛瞻は受け入れず、息子の諸葛尚と共に最後まで戦い戦死した。