ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

三国志「出師の表」

出師の表

出師表(すいしのひょう)とは、臣下が出陣する際に君主に奉る文書のことである。出師とは文字通り、「師(=軍隊)を出す」ことで表とは公開される奏文を指す。「出師表」自体は一般的な文書名であるが、歴史上諸葛亮が劉禅に奏上したものが特に著名であり、特に述べられない場合、出師表とはこれを指す。出師の表とも表記する。
諸葛亮の出師表は、建興5年(227年)に蜀漢の皇帝である劉禅に諸葛亮が奉った文書である。単に出師表と言えばこの出師表を指すが、後出師表と区別するために、前出師表とも呼ばれる。古来、名文中の名文とされている。 自分を登用してくれた先帝劉備に対する恩義を述べ、あわせて若き皇帝である劉禅を我が子のように諭し、自らの報恩の決意を述べた文である。古来「諸葛孔明の出師の表を読みて涙を堕さざれば、その人、必ず不忠」(『箋解古文眞寶』の安子順の発言部分)と言われてきたほど、諸葛亮の蜀漢王朝に対する忠誠が如実にあられている。
諸葛亮が北伐(魏への遠征)に出発する前に、国に残す若い皇帝劉禅を心配して書いたという前出師表の内容は次の通りである。 まず、現在天下が魏、呉と蜀漢に分れており、そのうち蜀漢は疲弊していることを指摘する。そういった苦境にもかかわらず、蜀漢という国が持ちこたえているのは、人材の力であるということを述べ、皇帝の劉禅に、人材を大事にするように言う。 さらに、郭攸之、費イ、董允、向寵といった面々の名をあげ、彼らはよき人材であるから、大事にしなくてはならないと言い、あわせて、漢の衰退の原因は、よい人材を用いず、くだらない人間を用いていたからだとも指摘する。 最後に、自分が単なる処士に過ぎなかったのに、先帝である劉備が3回も訪れて自分を登用してくれたことにとても感謝していると述べ、この先帝の恩に報いるために、自分は中原に進出し、逆賊たる魏王朝を破り、漢王朝を復興させようとしているという決意を述べ、全文を次のように結ぶ。 「臣不勝受恩感激。今当遠離臨表涕零不知所言。(大意:わたしは恩をうけたことの感激にうちかつことができません。いままさに遠く離れるにあたり涙をながし、ことばもありません)」 

原文和訳】臣亮言す。先帝業を創めて未だ半ばならずして、中道にして崩祖せり。今天下三分すれども、益州は疲弊す。此れ誠に危急存亡の秋なり。然れども侍衛の臣、内に懈らず、忠志の士、身を外に忘るるは、蓋し先帝の殊遇を追いて、之を陛下に報いんと欲すればなり。誠に宜しく聖聴を開張して、以て先帝の遺徳を光かにし、志士の気を恢弘すべし。宜しく妄りに菲薄なりとし、喩えを引き義を失いて、以て忠諫の路を塞ぐべからざるなり。
宮中、府中は倶に一体たり。臧否を陟罰すること、宜しく異同あるべからず。若し姦を作し科を犯し、及び忠善を為す者有らば、宜しく有司に付して、其の刑賞を論じ、以て陛下平明の治を昭らかにすべし。宜しく偏私して内外をして法を異にせしむべからざるなり。
侍中、侍郎郭攸之、費イ、董允らは、此れ皆良実にして、志慮忠純なり。是を以て先帝簡抜して、以て陛下に遺せり。愚以為く、宮中の事は、事大小と無く、悉く以て之に諮り、然る後に施行せば、必ず能く闕漏を裨補し、広く益する所あらん。将軍向寵は、性行淑均にして、事に堯暢し、昔日に試用せられ、先帝之を称して、能ありと曰えり。是を以て衆議寵を挙げて以て督と為せり。愚以為く、営中の事は、事大小と無く、悉く以て之に諮らば、必ず能く行陣をして和睦せしめ、優劣所を得しめん。
賢臣に親しみ、小人を遠ざくるは、此れ先漢の興隆せし所以なり。小人に親しみ、賢臣を遠ざくるは、此れ後漢の傾頽せし所以なり。先帝在しし時、毎に臣と此の事を論じ、未だ嘗て桓、霊に歎息痛恨せずんばあらざりき。侍中、尚書、長史、参軍は、此れ悉く貞亮にして、節に死するの臣なり。願わくは陛下、之に親しみ、之を信ぜば、則ち漢室の隆んならんこと、日を計えて待つ可し。
臣は本布衣にして、南陽に躬耕し、苟も性命を乱世に全うし、聞達を諸侯に求めざりき。先帝臣の卑鄙なるを以てせず、猥に自ら枉屈し、三たび臣を草盧の中に顧みて、臣に諮るに当世の事を以てせり。是に由りて感激し、遂に先帝に許すに駆馳を以てす。後、傾覆に値い、任を敗軍の際に受け、命を危難の間に奉じ、爾来二十有一年なり。
先帝は臣の謹慎なるを知り、故に崩ずるに臨み、臣に寄するに大事を以てせり。命を受けしより以来、夙夜に憂歎し、付託の効あらずして、以て先帝の明を傷つけんことを恐る。故に五月、濾を渡り、深く不毛に入り、今、南方己に定まり、兵甲己に足る。当に三軍を奬率し、北のかた中原を定むべし。庶くは駑鈍を竭くし、姦凶を攘除し、漢室を興復して旧都に還らん。此れ臣の先帝に報いて陛下に忠なるの職分なり。
損益を斟酌し、進みて忠言を尽くすに至りては、則ち攸之、イ、允の任なり。願わくは陛下臣に託するに討賊興復の効を以てせよ。効あらずんば則ち臣の罪を治めて、以て先帝の霊に告げよ。若し徳を興すの言無くんば、則ち攸之、イ、允らの咎を責めて、以て其の慢を彰かにせよ。陛下もまた宜しく自ら謀りて、以て善道を諮諏し、雅言を察納し、深く先帝の遺詔を追うべし。臣、恩を受けし感激に勝えず、今、遠く離るるに当り、表に臨みて涕泣し、云う所を知らず。