ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

南漳県水鏡庄

入場料:30元

三国時代の司馬徽を記念する建物・水鏡庄です。1994年に国家重点風景区に指定されました。襄樊の町から南へ約1時間の南漳県内にあります。
付近に劉備を助けたと言われる「徐庶」の廟もあります。水鏡庄には水鏡先生(先生は中国語で男性の敬称)・司馬徽が隠居生活をしていた白馬洞という洞窟が残り、1742年、記念の楼閣を建てました。ちょっとした岩山の山腹に殿、洞窟があり、入り口近くには水鏡先生の像があります。他の三国志関連の場所とは少し違った風格の場所です。白馬洞を抜けると裏の玉渓山上に上がり、南漳の街を一望できます。