ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡
武候墓

遺言により定軍山は諸葛亮の遺体が葬られた地でもあり、諸葛亮墓があります。死してもなお曹魏を睨む気概によるものです。敷地内には、諸葛亮像がある廟や、人形館、そして漢丞相諸葛忠武候之墓の石碑と墳墓があります。その墓園には諸葛亮の享年である54才にちなみ54本の木が植えられ、今でも通し番号がついています(今では54本もない)。また、そこをさらに奥に行けば、もうひとつの石碑が建っており、漢丞相諸葛忠武候之真墓とあります。この奥の墓は1800年ごろ歴史通と自称する男によって建てられたようです。しかし、諸葛亮の墓は実際のところその所在は5世紀ごろから不明になっており、どちらも本当でない可能性が高いのです。