ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

コウ亭古戦場

入場料:40元

コウ亭古戦場は、三国志の蜀皇帝を僭称した劉備が、関羽の復讐の為ここまで攻めて来たが、所詮仇討ちだけでは敵を倒すことが出来ず、中原には無名だった陸遜の火計に破れ、多くの家臣を失い、蜀滅亡の遠因を作った場所と言われたところです。
宜昌から東方面へ出て、30分から一時間ほどで道の右手に見えます。
※コウは中国語で「けものへんにつくりは虎」と表記します。