ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三国志遺跡

当陽玉泉寺

入場料:20元

当陽から西へ約15Kmのところに玉泉寺があり、その一角に「漢雲長顕霊処」があります。玉泉寺はかなり立派な寺であり、門構えが立派です。
関羽と知り合った老僧普浄がこの寺で座禅を組んでいると、関羽の霊が出てきて、「俺の首を返せ」と叫びました。普浄は「それでは、今まで貴公の手にかかった武将達はどうか」と言い返しました。すると関羽ははっと我に返り、その後は普浄の弟子となり、以後この地に霊験をあらわして住民の加護をしたと言われています。これはもちろん、三国志演義の中での話しでしたが、関羽が死んだ後は、神格化させる為か、関羽の霊がよく出ると言われているそうです。