ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三峡クルーズ
三峡ダム
世界最大規模のダム
 三峡ダム西陵峡の中央に位置し、世界一の規模といわれているプロジェクトです。
 現在見学可能な場所は下記の通りです。 
   1、
ダム全景を見下ろす展望台  
   2、
三峡ダム模型室  
   3、
ダム頂上(高さ185m)-- (特別に申請すれば、車で通過も可能)  
   4、ダム下流の
堤防公園からダム放水を眺める(※時間帯により観覧できないこともあります)

 
三峡ダム洪水の抑制・電力供給・水運改善のために1993年に着工され、2009年に完成しました。
 貯水区域
湖北省宜昌市街地の上流から、重慶市街地の下流まで約660kmに渡り、下流域の洪水を抑制するとともに、長江の水運に大きな利便性をもたらしています。

 世界最大規模の水力発電所は中国の年間消費電力の1割弱を供給し、重要な電力供給源となっています。

 火力発電や原子力発電に比べCO2の発生を抑制できる利点の反面、建設過程における住民110万人の強制立ち退き、三峡各地に残る名勝旧跡の水没、更には水質汚染や生態系への悪影響等、ダム建設に伴う問題も指摘されています。

 三峡ダム水力発電所には、70万kw発電機が26台あり、完成すれば1,820万kwの発電が可能になります。
 これは最新の原子力発電所や大型火力発電所の13基分に相当し、世界最大の水力発電ダムとなります。
 三峡ダム水力発電所の年間生産電力量は850億kwhあり、中国の年間電力総消費量約1兆kwhの1割弱を賄うことになります。

 ちなみに、東京電力の一般家庭向け販売電力量は約860億kWhで、日本の年間電力総消費量は約1兆kWhです。

【三峡ダム関連データ】

所在地
湖北省宜昌市三斗坪
経緯
北緯30度49分48秒 東経111度00分36秒
河川
長江(揚子江)
ダム形式
重力式コンクリートダム
堤防の高さ
185.0m
堤防の長さ
2309.47m
堤防の体積
1万6000k㎥
流域面積
100万k㎡
水の占める面積
108万4000ha
総貯水容量
3930k㎥
有効貯水容量
2215万k㎥
利用目的
洪水の抑制・発電・水運の向上
事業主・電気事業所
長江三峡工程開発総公司
発電所名
三峡ダム発電所(11820万kW)
着工時期-完成時期
1993年-2009年
放水ブロックの長さ
483.0m
右岸発電ブロックの長さ
584.2m
左岸発電ブロックの長さ
643.6m
年間発電量
846億8000万kWh
コンクリート使用量
2700万㎥
1基の発電能力
70万kW
発電機数
26基(6基増設計画有り)


東県内にある三峡ダムは、北は神農架から南へと深い峡谷の間を蛇行し、西壌口で長江に合流します。