ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三峡クルーズ
神女渓

 神女渓は巫山県の青石鎮と飛来峰の間の全長15mの渓谷河です。そのうちの10キロが原始渓谷であり、人は滅多に入れません。
 2009年に三峡ダムの水利工事が終わり、水位が上昇したため、観光客はさらに奥地まで見学できるようになりました。美しい手付かずの風景と原住民の様子が目の前に現れます。ここも長江三峡の新しい観光ポイントとして、来訪する観光客が増えています。
 毎年「巫山紅葉祭り」が開催される時期には、神女渓の付近から有名な「神女峰」に登り、綺麗な巫峡紅葉を観賞していただけます。