ホーム >> 中国観光地ガイド >> 三峡クルーズ
石宝寨

 重慶から約240km下流の忠県東長江北岸の絶壁にそびえ立つ『石宝寨』。これは断崖の岩を削ったところに作られた木造建築物で、高さは56m。

 明の時代に建設が始まり清代康煕・乾隆帝の時代に9階部分までで完成されたものを、その後1956年に最上部3階の楼閣が増設されました。楼閣ができたことで、人々は険しい岩山を登ることなく、山上へ上がれるようになりました。

 石宝寨には巨大な岩があり、これは中国に伝わる五色の石で天を補った女神の神話(女媧補天)の女神が遺した五つの石のうちの一つと言う事から「石宝」といい、また明朝末期に譚宏が一揆を起こす際、ここをとりで(中国語で「寨」)としたことから、「石宝寨」と呼ばれるようになりました。

 楼閣の手すりにもたれて遠くを眺めると、尽きずに流れる長江、無限な景色全てが見渡せ、「世界の八大奇異建物」と言われています。長江の景色を満喫するには最適の場所として、『蓬莱閣』とも呼ばれています。