ホーム >> 中国観光地ガイド >> 山東省
条件を指定して探す
出発地:
目的地:
日数:
キーワード:
世界遺産-泰山 (世界自然・文化遺産登録 1987年)
世界自然文化遺産に登録される泰山は、「五岳」の中の一ッであり、「五岳」とは泰山、崋山、衡山、恒山、嵩山を言います。
泰山は、山東省泰安市の北に位置し、面積は426平方キロで、主峰の玉皇頂の海抜は1545mです。 泰山は道教の聖地でもあり、封禅の儀が行われ、始皇帝も中国統一の功績を天帝に報告しました。その後、漢の武帝、唐の太宗、宋の太祖から明清時代まで中国各時代の王や皇帝が山に登って天に祈祷したり,多くの文人墨客が訪れたりして、多くの大切な文化遺産を殘しました。
古代の建築物群は20ヶ所、石刻が2200ヶ所あり、山中には、主に孔子登高処、経石峪、中天門、竜潭ダム、中天門、五大夫松、十八盤、南天門、碧霞祠、日観峰、月観峰、竜潭飛瀑などの名所旧跡のほか、多数の祠や廟、宮殿建築が点在しています。 また、日の出、夕日、泰山佛の光、雲海は泰山の「四大奇観」と呼ばれ、世界でも有名です。
岱(泰山の別名=岱山という)廟は1009年の創建で、何度も火災で焼失し、現在のものは1668年に再建されたものです。
間口49m、奥行き18m、高さ22mの大建築で、北京故宮の太和殿、曲阜孔廟の大成殿と並ぶ、中国三大木造建築の一つです。歴代の皇帝は泰山に登る際には必ず岱廟で参拝しました。