ホーム >> 中国観光地ガイド >> 陝西省
鐘樓
鐘樓は明の太祖朱元璋が洪武17年(1384年)に創られ、鼓楼と向かい合わせに建っていました。土台の高さは8メートルで、総高さ36メートルで、35.5メートルの四方、総面積は1377平方メートルです。すでに600年以上の歴史がある明の時代の独特な風格を持っている建築です。西北の角には5トンのある釣鐘が置いて、その周囲には八卦の模様がつけられています、この鐘で人々に時を知らせ、色彩を塗ってとても雄大、美しい鐘です。