ホーム >> 中国観光地ガイド >> 山西省
条件を指定して探す
出発地:
目的地:
日数:
キーワード:
世界遺産-平遥古城 (世界文化遺産登録 1997年)
平遥古城は、山西省に太原から百キロ離れた場所に位置しています。古城の創建は、西周時代に始まりましたが、これまで2700年余の悠久の歴史がある古城です。中国に現存する最も完璧な古城といわれ、1997年に世界遺産として登録されました。
明代の洪武三年(1370年)に拡張工事が行われ、煉瓦で立て直されました。城壁の全長は6163メートル、城壁の高さは約12メートルあり、2.25万平方キロの平遥古城と外の世界を全く違う二つの世界に隔てています。城壁内の町や商店などは明、清時代の姿を残しています。
城壁の外側には、凸凹状の低い壁もあります。また、その建築、四合院の民家が、城内に何千ヶ所も現存しており、そのうちのほとんどには今も尚、人が住み続けています。
平遥には、大きな票号(近代の金融機関)が二十数ヵ所あり、中国全土の『票号』の半分以上が集まる金融の中心地でした。また、平遥には近代以前の中国最大の金融業者であった票号・日昇昌、中国鏢局博物館、古民居博物館などがあり、その当時、平遥は全国の金融市場上で非常に重要な機能を果たしておりました。