ホーム >> 中国観光地ガイド >> 四川省
成都パンダ繁殖基地

【入場時間】 8:00-17:00
【入 場 料 】 60元/人

 成都パンダ繁殖基地は、成都市内から北へ約10㎞斧頭山にあります。
 1987年3月に着工、1990年にオ ープンした総合パンダ繁殖研究所。
 一流のパンダ研究専門家及びパンダ繁殖設備を有し、総面積36.5ha。

 工夫された造園方法で野生パンダの生活環境を再現し、パンダの発育に応じ成体区(大人)、亜成体区(半大人)、幼体飼育区を作りました。

 人工繁殖を促進し、パンダの数が当初の6頭から42頭に増え、国連環境保護プログラム機関(UNEP)から「グローバル500」に選ばれ、「中華緑科学技術金賞」「全国環境総合管理優秀工程賞」を受賞、「全国に科学を普及させる教育機関」として高い評価を受けました。 
 1993年、パンダ博物館及びサービスセンターを増設、パンダの保護を訴えるPR活動や繁殖研究の成果を展示。
 現在5頭のパンダが「友好の大使」として成都パンダ繁育研究基地から海外の動物園へ送り出され、活躍中。
 可愛いジャイアントパンダの他にレッサーパンダも抱っこして記念撮影ができます。

 夏、気温が摂氏30度を超えるとパンダは余り元気がないので、なるべく暑い時間帯の見学を避けましょう。
 午前中は涼しく、抱っこ撮影が出来る可能性も高くなります。
 抱っこ撮影の料金はパンダ研究への寄付金として利用されます。

 パンダ基地内はパンダが野生に近い状態で生活できるよう、自然を残して作られているため、非常に広大です。
 時間に余裕がないお客様は、シャトルカートのご利用をお勧めいたします。
 入り口付近の売店ではパンダのヌイグルミ等、いろいろなパンダグッズも売っています。

もっと詳しい情報は、パンダ特集のページ