ホーム >> 中国観光地ガイド >> 四川省
川菜博物館

秘蔵品は数千件、世界唯一、料理の文化博物館

四川料理博物館について
 「川菜」と呼ばれる四川料理は中国を代表する4大料理に数えられます。
 数千件に上る秘蔵品、世界唯一の料理の文化を分類し陳列した
テーマ博物館
 建設や所蔵品の収集に10年の年月がかけられ、現在人気の観光スポット。
● 地   理 ●
   成都北西の郫県古城鎮。成都市街地から約40㎞、車で約1時間。
  敷地面積40ムー(約26.6k㎡)
● 館内設備 ●
入 口
ロビー
博物館展示品
  
豆板醤 加工光景
かまどの神様を祭る祠
かまどの神様 まつり
茶楼&レジャー館

園内観光と料理体験の流れ
1、典蔵館の見学(約15分)
 四川料理の
起源・歴史、関連書籍所蔵品調理道具などを展覧。
 四川料理についての見聞・知識を深められます。
 
2、かまどの神様 (灶王)の祠(ほこら)見学(約5分)
 灶王は伝統的な四川料理の文化かつ四川民俗文化の一部分であり、
中国では「
灶王言好事,下界保平安」(
かまどの神様がいいことを言えば、下界は安泰)と言われ、
飲食の大切さ、生活の重要さを言い伝えています。
 毎週日曜日に、川劇の演出もあり、お茶を楽しみながら
川劇鑑賞ができます。
 毎年
農暦12月23日お祭りをし、新年を迎えます。
3、デモンストレーション館にて料理見学
 一般的な厨房はお客様から見えない所にありますが、ここではレストランの真ん中に
ガラス張りで建てられ、本場の四川料理を作る流れを間近で一部始終見ることができます。
4、先生の指導のもと料理体験!(1品)
 白衣に着替え、コック帽をかぶり、いざクッキング開始!
 四川料理独特の調味料の説明から、火加減、鍋さばきまで。
 本場のプロによる実演、講習。
 完成後は先生が試食、不足部分をを指摘。  
5、食事
 皆と一緒に作った料場の四川料理試食。
      
      個  室

体験できる料理・主な四川料理                                           (写真はイメージです)
①マーポー豆腐 ②回鍋肉(ホイコーロー) ③宮保鶏丁
④青椒肉糸(チンジャオロースー) ⑤酢豚 ⑥紅焼牛肉(牛肉の醤油炒め煮)
⑦タンタン面 ⑧ワンタン ⑨夫妻肺片

※ 四川料理についての情報はこちらをご覧ください。