ホーム >> 中国観光地ガイド >> 四川省
錦里

【入場時間】8:00-22:00 (一年中)
【入場料】無料

2004年10月末、四川省成都市内に蜀漢時代の町並みが再現されました。名前の由来は漢代に錦産業が発達した成都のことが錦の古里と読まれたからだそうです。現代の「錦里」は武侯祠の隣に位置し、歴史と現代を有機的に融合して、全長約350mぐらいの沿道に並んだ建物がすべて明、清時代の建築風格をそっくり真似て造られ、川劇や皮の影絵人形、飴細工など昔の蜀文化の実演や民間行事のイベントも時々行われております。
料理店、旅館、茶館、店舗、舞台、迂回する廊下、立派な邸宅などに昔の衣装を着た商人が声をあげて物を売り歩く声が絶え間なく続いています。四川各地の有名な新鮮な菓子をその場で作りながら呼び売りしている姿が観客の目を引いています。夜には、絹の赤い提灯が高く掛けられ、お茶や濃いコーヒーの香りが空気に漂い、各店は人声で沸き立ち、錦里はまるで古代成都の雰囲気を醸し出しています。