ホーム >> 中国観光地ガイド >> 四川省
熊猫特集
パンダボランティア規則
 パンダセンターにおいて、ボランティアの皆様が十分にパンダの飼育体験を満喫し、パンダに対する理解を深めて頂ける様、
定められている注意事項などをご紹介。

 1. パンダ舎に入る際には必ず身なりを整え、飼育員の指導のもと飼育活動に携わり、個人の判断で活動しないこと。
 2. パンダは肉食動物類に分類され、凶暴性を備えており、人を傷つけます。
   ボランティアの方は、パンダの檻の1メートル以内に近づかないでください
   又、勝手に檻の窓や入り口の開閉を行わないで下さい。
 3. パンダとの良好な信頼関係は、長期にわたるパンダへの愛情ある行為により得られるものです。
   パンダは知らない者に対して非常に警戒心を抱くため、餌やりは離れた場所から飼育員が与えるのを見守り、
   決して一人でパンダに餌やりをしないでください。
 4. パンダ母子の獣舎で掃除禁止。飼育員の補助として、棹を渡したりするのみです。
 5. 勤務中のパンダ親子の撮影禁止。勤務に影響のない時間帯で、事前申請にて、パンダ舎清掃時に、家庭用カメラでの撮影可能。
   例えば、飼育者がパンダの竹を移動させたり、果物などを差し入れたりする写真を撮るなど。
 6. 飼育員の指導の下でのみ、パンダ専用食材、果物の準備をする。事前に必ず丹念に手を洗い、消毒
 7. 施設内、勤務中は禁煙
 8. 竹を運ぶ際には、必ず両手を怪我から保護する為、専用手袋装着。又、雨降りには、路面が滑りやすいので転倒に注意。
 9. 勝手に早退不可。体調のすぐれない場合には、飼育員に直ちに連絡。又、病欠する際には、必ず飼育員に届出を出します。