ホーム >> 中国観光地ガイド >> 四川省
他の地域のパンダ施設

【北京】
 北京動物園は、1906年清代に皇族の庭園を国の農業試験場にしたことに始まり、中国初の動物園だと言えます。
 これ以降国内各地から動物が集められ、1955年に北京動物園として開園しました。
 総面積50万㎡、中国最大規模の動物園で、
約560種類7000頭余りの動物が飼育されています。
 園内の
パンダ館は1990年に第11回アジア競技大会の記念として造られ、その独特な造形は「北京十大建築」とされます。
 1963年、世界ではじめて人口飼育でのパンダの繁殖に成功。
 1972年、
中日国交正常化の記念として日本にパンダ寄贈。
 1992年、
中日友好のシンボルリンリン」(オス)が東京上野動物園に送られる。

【陝西】
 陜西省珍稀野生動物護救飼養研究センター(希少価値野生動物保護飼育センター)は、
1987年センター設立を計画、1993年中国政府林業部の許可を得て正式に設立、現在16名の研究者が勤務しています。
 陜西省
林業庁保護課と動物管理所の指導・監督下にあります。
 
陜西省珍稀野生動物護救飼養研究センターは、秦嶺の北麓にある陜西省楼観台森林公園内に位置しています。
 中国のパンダに代表される絶滅寸前の
希少価値野生動物の保護及び種族の繁殖研究を目的とし、負傷した野生動物の保護、飼育と繁殖、科学研究及び普及教育等の役割を担う研究機構です。

【福州】
 福州パンダ研究センターは福州市西部の大夢山麓にあり、秀麗な西湖に隣接し、総面積5ヘクタール。
 パンダを飼育している他、熊やアライグマなどの動物も飼育しています。
 このパンダ研究センターは北京とパンダの故郷である四川省を除き、
中国東南沿海地域唯一のパンダ研究所であるほか、
パンダへの関心を高め、パンダの知識を普及する目的のレジャーランド併設。
 そのためセンターはパンダをはじめ動物の研究、飼育
、レジャーの総合施設として有名です。