ホーム >> 中国観光地ガイド >> 四川省
王建墓

【入場時間】8:00-18:00 
【入場料】20元/人

永陵とも呼ばれ、成都の西門外、三洞橋にあります。王建(847~918)は、河南省の舞陽県の出身で、無学ではありましたが、戦いでは能力を発揮した為唐の昭宗により蜀の王に任命されました。907年に唐が滅亡して王建が皇帝となり、歴史上ではこの時代を「前蜀」と呼びます。王建は、死後三洞橋に葬られましたが、1942年にこの墓が発掘され、1961年、国務院により国の重要文化財に指定されました。
王建の墓は盗掘に遇った為、墓そのものと石刻しか現存していませんが、それでも宮廷芸術の花にたとえられるほどです。墓の高さは15m、直径80m、周囲の長さは225mもあります。その荘厳さは劉備の「恵陵」にも勝るとも劣りません。墓内は14本の石のアーチからなり、前、中、後の三室に分かれていて、全長は23.6mです。中室に安置されている王建の棺の東、南、西の三面には形もさまざまな十二体の力士像の彫刻が施されています。思い思いに舞う二十四人の女性のレリーフも美しく、唐代芸術の中でも珍しい一品です。
棺の東西に彫られている10種類の打楽器による鼓楽隊、西の方角に彫られる10種類の吹奏楽器による管楽隊、南の方角に彫られる2つの楽隊を率いる指揮者は、琵琶を弾きカスタネットのようなものをたたいています。壮観なこれらの楽隊の彫刻は唐代芸術の中でも希少な実物の資料といえます。後室に安置されているベッドは、正面に二頭の龍が珠をもてあそぶ様子のレリーフが彫られ、左右には獅子のレリーフが彫られています。ベッドの上には、厳粛な様子の王建の坐像が安置されています。